雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 広報「酪総研」 時の話題

酪農総合研究所

広報「酪総研」

時の話題

No.11 雪印種苗新代用乳ラインアップのご紹介 雪印種苗株式会社 飼料研究グループ 阿部健太郎

1ページ目へ    

5. 各規格の用途と特長
1) ゆきみるく (ホルスタイン、エフワン子牛向け)
  「ゆきみるく」は、これまでの当社従来品同様、植物性乳酸菌HOKKAIDO株を高濃度に配合しているだけでなく、消化吸収に優れる中鎖脂肪酸などを大幅に強化しています(図1)。当社給与試験では、「ゆきみるく」給与牛の発育は、当社従来品を大きく上回ることが確認されました(図2)。

図1 代用乳の中鎖脂肪酸割合

図2 「ゆきみるく」の増体と飼料効率


2) うしっ子ネオ (ホルスタイン子牛向け)
  厳選した植物性蛋白質を配合し、コストパフォーマンスを追及した代用乳です。
  当社の試験では、代用乳に厳選した植物性蛋白質を適切な割合で配合することで、子牛の人工乳摂取量が多くなることを確認しています(図3)。
* 「うしっ子ネオ」には植物性乳酸菌HOKKAIDO株は配合していません。

図3 植物性蛋白質を含んだ代用乳給与における人口乳摂取量


3) ロボジャック (哺乳ロボットユーザー向け、全畜種対応)
  「ゆきみるく」同様、植物性乳酸菌HOKKAIDO株を配合、消化吸収の良い脂肪酸を強化していることに加え、哺乳ロボットで使用しやすいよう、「ゆきみるく」などとは製造方法を変え、さらさら感を高めました。


4) くろっけスーパー (和牛子牛向け)
  植物性油脂の中でも特に消化吸収の良い中鎖脂肪酸を、大幅に強化しました(図4)。また生時体重が小さく、虚弱な場合もある和牛子牛の健康を維持するため、植物性乳酸菌HOKKAIDO株に加えて、ガラクトオリゴ糖、卵白粉末、枯草菌、甘草抽出副産物を配合しています。
  「くろっけスーパー」は育成・肥育一貫経営だけでなく、増体が重視される和牛子牛市況をふまえて、高蛋白、低脂肪の成分にしています。当社の試験では、「くろっけスーパー」を給与することにより、人工乳や乾草などの固形飼料の採食が増え、市場出荷子牛の発育目標となる生後9ヶ月(270日)で300kg以上の体重が確保できることが確認されました(図5)。

図4 代用乳の中鎖脂肪酸割合

図5 和牛子牛の体重推移(去勢)

6. 代用乳の給与方法について
 代用乳の給与方法についてはこれまで通り、基本である「定時・定温」を心がけて頂きたいと思います。畜種や代用乳の種類別の給与量などについては、パンフレットや給与マニュアルをご用意しております(各種について北海道版と府県版を用意しております)。最寄りの当社営業所へお問い合わせ下さい。

7. おわりに
 今回リニューアルした当社代用乳を今後ともご愛顧いただきますよう、宜しくお願い致します。

1ページ目へ 2/2ページ