雪印メグミルクグループ 雪印メグミルク株式会社
酪農総合研究所 Research & Development Center For Dairy Farming

雪印メグミルクHOME > 酪農総合研究所 > 広報「酪総研」 時の話題

酪農総合研究所

広報「酪総研」

時の話題

No.10 平成20年度酪総研シンポジウム「自給飼料の最大活用を実現する!!−乳牛改良の方向性と飼料生産の優良事例−」第4講演 「牧草・飼料作物の新品種と現場での活用技術」雪印種苗(株)北海道研究農場 場長 高山 光男

1ページ目へ   No.10 目次ページへ

雪印の牧草品種の紹介
 せっかく更新、追播するなら、特性の優れた品種を利用しよう!!

ケレス(SBA9801)の特性

新タイプのアカクローバ「アレス」

雪印種苗のイネ科

良い牛は良い草より
 『良牛は良草より、良草は健土より、健土は家畜より、健民は健土より、健土は愛土より、循環進展無窮也』

 雪印グループの創始者である黒沢酉蔵翁の上記言葉(書)には、私たちの生きようを含めその循環系が示されている。ここでは、「牛つくり―草つくり―土つくり」の連関を重視した取組みを強調し、まとめとしたい。

以上

1ページ目へ 2/2ページ No.10 目次ページへ