測定結果図
図5:治療直前後で加速度変量を比較(治療後良化した例)
PDDの患部を外科的に切除処理を行いました。治療処置前には、罹患側に大きな加速度の変化が
見られましたが(矢印の部分)、処置後は見られなくなり、歩行は安定していました。

|閉じる|
(C) Copyright: Snow Brand Milk Products Co.,Ltd. All rights reserved.